株式会社 明工社

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.03-3577-1155

(資料は(一社) 日本配線システム工業会発行「内線規程が改定されました」を引用しました)。

 

 

系統連系型小出力太陽光発電設備の配線例について(資料3-5-6)

系統連系する際に使用する逆接続可能型漏電遮断器の説明が追加されました。
該当する漏電遮断器の一覧は日配工 住宅盤専門委員会HP(http://www.jewa-hp.jp/)に掲載されています

極性または接地極を有するコンセントについて(3202-2)

極性を有するコンセントは、器具の接地側刃受に接地側電線を、電圧側刃受に電圧側電線を正しく接続することが義務的事項となりました。
コンセントの接地極および接地用端子には、接地電線を正しく接続することが義務的事項となりました。

接地用端子付き接地極付きコンセント 接地極付きコンセント 接地用端子付き接地極付きコンセント 接地用端子付き接地極付き防滴コンセント

雨線外へのスイッチの取り付けについて(3202-6)

スイッチを雨線外に施設する場合は、適当な防水箱の内部に納めるか、または防雨形のスイッチを用いることが義務的事項となりました。

 

電気自動車用普通充電回路の施設について(3597)

電気自動車用普通充電回路について義務的事項が追加になりました。
@分岐回路は専用回路とし、以下の表により施設すること。

分岐回路の種類
配線太さ(銅線)
コンセントの
定格電流
20A配線用遮断器
直径2.0mmもしくは2.6mm
(断面積3.5muもしくは5.5mu)
[備考1]
15A
20A
30A配線用遮断器
直径2.6mm(断面積5.5mu)
30A
[備考1] 20A配線用遮断器を施設する場合には、将来の電気自動車の大型化への対応のため2.6mm(断面積5.5mu)とするのがよい。

Aコンセントは、接地極付きであること。
Bコンセントの接地極には、D種接地工事を施すこと。
Cコンセントは以下の表により選定すること。

定格電流
15A
20A
30A
使


単相100V
-
-
単相200V
-
[備考1] 電気自動車充電用コンセントは、(一社)日本配線システム工業会規格JWDS-0033(2011)
「EV充電用コンセント・差込プラグ」に準拠したものであること。
[備考2] 、(一社)日本配線システム工業会規格JSWS0001-1(2008)「配線用差込接続器及び屋内用小形スイッチの極性表示方法 追補」に規定の極配置番号は、S2・1-15(*1)、S2・2-20(*2)、S2・2-30(*3)

コード短絡保護用瞬時遮断機能付き配線用遮断器の取り付けについて(3605-4)

コンセント回路にはコード短絡保護用瞬時遮断機能を有する配線用遮断器の設置が「推奨事項」から勧告事項となりました。
(エアコンなど据置型の大形電気機械器具等への専用回路のものを除く。)

漏電遮断器などの取付けについて(1375-1)

雨線外に設置する機械器具には対地電圧150V以下でも、すべて漏電遮断器の施設が義務的事項となりました。

IH調理器用の分岐回路について(3605-6)

据付型IH調理器に関し、30Aが主流であることから30A分岐回路を専用回路で設けることが紹介されました。

在宅医療機器用のコンセントについて(3202-3)

住宅には接地極付きコンセントの施設が推奨されていました。
さらに在宅医療用に使用される医用電気機器には接地極付きコンセントの推奨が明記されました。

接地極付き2Pプラグ
接地極付きコンセントとは、接地極の刃の挿入孔があるコンセント
接地用端子付き接地極付きコンセント 接地極付きコンセント

 

 

病院のコンセントについて(3202-3)

病院、診療所等において、医療用電気機械器具を使用する部屋には、接地極付きコンセントを施設することが義務的事項となりました。

接地極付きコンセント

 

Copyright(C) 2004-2015 Meikosha All Rights Reserved.